お問い合わせ
採用情報
  • お知らせ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

事業紹介

 
  • 鶏肉卸売業鶏肉小売業飲食業関連会社

鶏肉卸売業


谷内商店は今や小売業が主体ですが、祖父が始めた鶏肉卸事業が原点。
戦争体験者である祖父は当時の世相を踏まえ、
牛や豚に比べて捨てる部位の少ない鶏肉に魅力を感じて商いを始めたと言います。
最初は近隣の小学校や小売店に卸していたのが、徐々に販路が拡大。
縁あって、近商ストアや百貨店を有する近鉄グループとのお付き合いが始まり、小売事業が始まりました。
卸事業は現在、昔から縁故ある、ごく一部でのお取引となります。

鶏肉小売業

 
谷内商店が小売業を始める礎となったのが、近鉄百貨店橿原店への出店です。
それまで屋号として掲げていた「鶏太郎」を新会社名に掲げて、
百貨店を中心に精肉・惣菜(デリ)の両部門での小売展開を始めました。
惣菜については厨房をガラス張りにして、焼いたり揚げたり、調理シーンをお客様に見ていただくのが鶏太郎スタイル。
商品をお渡しするまでのちょっとした時間も飽きさせない、工夫と演出を心がけています。

 
鶏太郎 鶏太郎
近鉄百貨店にある精肉・惣菜(デリ)のお店はすべて「鶏太郎」に統一しています。
鶏好きとして知られる書道家・榊莫山先生に考案いただいた屋号であり、
店のシンボルとなっている木製看板の書も、先生の手によるものです。
とり道場 とり道場

「鶏太郎」と並ぶ精肉・惣菜(デリ)の別ブランドが「とり道場」です。
とり(鶏)をきわめる場(道場)という想いをその名に込めています。

蔵や 蔵や

主に近鉄・JR沿線の駅構内にあるタイムズプレイスで、
唐揚げやチキンカツなどの惣菜(デリ)やお弁当を販売しています。
観光客や通勤・通学のお客様に、軽食やお土産として、ご愛用いただいています。

 

飲食業

 
お客様の「おいしい」をもっとダイレクトに聞きたくてー。
鮮度も品質もよい鶏を仕入れる方法や、美味しさを引き立てる調理法など、
とりや(鶏や)として長年培ってきた知恵や工夫を生かして、飲食業(主としてFC展開)を始めました。
定番メニューは全店共通ですが、店ごとのオリジナルメニューも豊富。
谷内商店自慢の鶏肉がどんなお料理となって提供されるのか、各店を回って、食べ比べていただくのも一興です。
 
鶏太郎 鶏太郎

近鉄百貨店で「とり(鶏)」と言えば「鶏太郎」。
そのブランド力を裏付ける確かな味と品質、鮮度を、飲食事業でも引き継いでいます。

鶏太郎 蔵や

「蔵や」の蔵は、酒蔵のこと。
美味しいお酒を呑みながら、私たちが自信を持ってお薦めする味よし、鮮度よしの
鶏料理をご堪能いただく場所を作りたい。その想いが「蔵や」の原点にあります。


飲食業


株式会社 鶏太郎 株式会社 鶏太郎

百貨店での小売事業を始めるにあたり、屋号として使用していた「鶏太郎」をそのまま会社名として立ち上げたのが「株式会社 鶏太郎」です。
鶏肉の小売を事業の柱として主に現在は近鉄百貨店各店を中心に展開しています。

株式会社ティー・アール・シー
株式会社ティー・アール・シー

新たに飲食事業を展開するにあたり、
「何事にもチャレンジして夢を実現しよう」という思いを込めて立ち上げた会社です。
Try(トライ=挑戦)・Realize(リアライズ=実現する)・company(カンパニー=組織)の頭文字を社名としています。

ページの先頭へ